今更きけない!?熨斗の常識!

贈答の品をお店で買う際に、必ずといっていいほど聞かれる
「熨斗(のし)はつけますか?」
良くわからないけど、なんとなくつけたほうが丁寧そうだからと、お願いしてしまっている方が多いのではないでしょうか?
今回は、うっすら分かってはいるんだけど実は詳しい由来や意味は意外と知られていないこの「熨斗」というものについて説明させていただきます。

 

目次

・4名以上の連名の場合

 

・熨斗ってそもそも何ですか?

現代では、贈答の場面などでとても身近な存在ののしですが、のしというといわゆるのし紙を想像されるのではないでしょうか?

 

 

実はこの「のし」といわれているのは、のし紙の右上にある飾りをさしておりそのルーツは「のしあわび」にあります。

古来日本では、新鮮な海のもの、山のものを神様に捧げる風習があり、中でもあわびは栄養価が高く、引きのばして乾燥させると長持ちすることから、不老長寿の印として重宝され、神事の御供えものとして多く用いられていました。

慶事などの贈答品の際にも、神への供え物とおなじように「あわび」を一緒に贈り、「あわび」をのすことで「寿命や幸せ、喜びが引き伸びて続いていくように」という願いがこめられていました。

こうした風習からのしたあわびを和紙につつんだものを「のし」と呼ぶようになり、「より丁重に物を贈る」という気持ちを込めて、贈答に使われるようになりました。

様々な種類の熨斗がありますが、取り分け慶事では紅白の水引を印刷したものを使うことが多く「紅白熨斗」などとも呼ばれています。

・水引とは?

昔は贈り物を奉書紙で包み、それをひもでしっかりと結びとめていました。そのひもは和紙を細かく切って、撚ってこよりを作り、水のように薄い糊を引いて乾かし,固めたものでした。

水引はしっかりと結びとめるのが目的でしたから初めは白一色で蒸結び、両端を切った“真結びの結切り”だけでした。それがやがて結婚や病気見舞いのように二度繰り返してほしくないときには“結び切り”、何度繰り返してもよい慶事(お祝い事)のときには“蝶結びというように贈る目的に応じて結び方が変化しました。

また水引は封緘の役割ももっていて贈り手の真心が込められていることや先方に届くまで決してほどかないことを示す証だともいわれます。 

・のし紙とかけ紙の違い

現代ではのしたあわびを添えて贈るという風習が形式化したものとして“のし紙”が使われております。

“のし紙”とは、“奉書紙”に“のし”と“水引”を印刷したものさします。

特別のことや高額品などを贈るとき以外は、この“のし紙”をかけて贈るのが一般的です。

実は、ちょっとした手土産や差し入れにはこうした熨斗紙は丁重すぎるため、必ずしもつける必要はありません。

もともと神仏にささげるためのものですので、目上に人や儀礼的な贈答、また特別高価な品でない限りは 、最近では熨斗や水引を印刷した「熨斗紙」ではなく、絵柄や模様のはいったポップな「掛け紙」をつけても喜ばれます。

 


また、“のし”は慶事のときのみに使われ、弔事(弔い事)の場合には「生臭物を忌み嫌う」ということから使いません。

弔事(弔い事)の際は“のし”がなく、“水引”だけを印刷したものが使われます。

これもまた“熨斗紙”とはいわず“かけ紙”(仏事用かけ紙)といいます。

仏事用のかけ紙は蓮の葉の絵柄があしらわれていたり、白や黒を基調とした「掛け紙」が使われ、慶事(お祝い事)の意味合いの強い「赤」は使われません。

また、病気見舞いも「引きのばす」との意味からのしは付けず、かわりに白無地の短冊が使われます。

 

・外のし、内のしの違い

“のし紙”のかけ方には,贈り物を包装紙で包んだ上から,のし紙をかけると「外のし」と、贈り物の箱に直接のし紙をかけ、その上から包装紙をかける「内のし」の2種類があります。どちらが正式であるかというのは諸説があり、地方により異なる場合もあります。

 基本的には贈り物であることを強調したい場合、先方に贈り物がたくさん届きすぐ開けられない可能性がある場合は贈り主がひと目でわかるように「外のし」にします。逆に、贈り物を控えめに贈りたいときなどは「内のし」にします。

また、お年賀、記念品、引っ越しの挨拶、結納や結婚に関することや直接先様に持参して手渡しする場合には「外のし」にすることが多いようです。

 

 

・表書きと名入れの違い

表書きとはのし紙、掛け紙の上段に書く文字をいいます。

慶事、弔事、季節の挨拶などあらゆる贈答の場面で、用途に適した表書きを用います。

祝い用は濃い墨で、弔い用には「悲しみの涙で墨も薄くなる」と、弔慰・哀悼を込めて薄墨を用いるのが正式な書き方です。

 

下段に贈り主の名前を入れる場合もあります。

これを名入れといい、連名や会社名、団体名で入れる方法もあります。

 

・夫婦連名の場合

夫の名前をフルネームで書き、その左側に夫の名の位置にそろえて妻の名前を書く。

 

・会社名や団体名を書入れる場合

会社などの団体名や役職名を書き入れる場合は、名前がきの右側に書き添える。

 

・2名又は3名連名の場合

向かって右側から左へ地位・年齢の高い順に書入れる。

贈る相手を書入れる場合向かって左上に贈る相手の名前を入れる。贈る側が連名の場合は向かって左側より右へと地位・年齢の高い人の順で書入れる。

 

・4名以上の連名の場合

名前書きを○○一同とする。向かって右側から左へと地位や年齢の高い人の順に書いた紙を添える。

 

 

~まとめ~

このように、熨斗をつけるといっても用途によって様々な種類、付け方、表書きなどが存在します。

正解はありませんが、そのシチュエーションにあった的確な熨斗や掛け紙を選ぶことで粋な贈答を演出したいですよね。

当店Giftryではどういった用途でどのように渡したいかご教示いただければ的確な熨斗、表書きをご提案しますのでお気軽にご相談ください!