ネクストクラフトブームはシードル!?カジュアルギフトに国産シードルのすすめ!

fukiwarecidere

最近、何かと話題のシードル。
ワインやスパークリングワインと混同されますが、シードルはりんご果汁を発酵させて造る発泡性の醸造酒です。

アルコール度数は2~8%でワインなどと比べると低くりんごを使用しているためフレッシュで飲みやすい口当たりが特徴。

海外では小瓶に詰めたブルワリータイプのものが人気で、手軽に飲めるお酒としてクラフトビールのような感覚で親しまれています。

色はシャンパンゴールドが主流ですが白く透明なものや赤みがかったものなどさまざまな種類があり、彩り豊かです。
りんごから作られているので、ビタミン、ミネラル、カリウム、食物繊維などが豊富でワインと同様にポリフェノールも含みます。グルテンフリーのため健康と美容が気になる女性にもおすすめしたいお酒です!

 今回は、シードルの歴史や製法、おすすめの飲み方を紹介していきます。

シードルの歴史

シードルは、欧州では長い歴史を持ちワインと同様、紀元前からヨーロッパで造られています。9世紀にはスペインにてりんごのお酒を意味する「シードル」という言葉が確立しました。

その後、11世紀ごろフランス北西部のノルマンディー地方、ブルターニュ地方でシードルの醸造が活発になり世界中に広がりました。
フランスというとワインのイメージが強いですが、北西部の寒冷地はぶどうよりもりんごの栽培に適しているため、シードルの製造が盛んになったのです。

近年ではカジュアルさが人気を呼びヨーロッパ各国から北米、オセアニアでも注目されています。

 

日本では、1954年に青森県の弘前市・吉井酒造で初めての国産シードルが生産されましたが、海外に比べるとまだまだポピュラーではありません。日本には東北や信州などりんごの産地が多くクラフトビールのブームも相まって今後は国産シードルの人気が今後拡大するといわれています。

シードルの製法

シードルの製法

①シードルには糖度の高い完熟したりんごを使用します。 木から落ちるまで熟したりんごを使用することもあり、収穫したりんごは屋外で外気にさらして、さらに熟成させます。

②熟成させたりんごを洗浄し破砕した後、圧搾機で絞り、果汁をタンクや樽の中でゆっくりと発酵させます。

③発酵法には、りんごの自然発酵を利用する方法や、適切な発酵を促すために酵母を加える方法などさまざまな種類があります。

④りんごそのものの糖分と酵母の反応によってアルコールと炭酸ガスに変化するため、基本的には液糖やガスの充填は行いません。

⑤十分に発酵し、シードルが完成したら瓶詰めをします。

⑥瓶詰めのタイミングは生産者や商品によってさまざまです。

⑦発酵途中のものを瓶に詰めてから熟成庫でさらに寝かせて出荷されるもの、発酵終了後に糖分と酵母を追加して瓶内で二次発酵させるもの、発酵後に炭酸ガスを注入するものなどがあります。

シードルの味

 

①外国産のシードルは、酸味・渋味・苦味・甘味などさまざまな品種のりんごをブレンドしながら味を造るのが特徴です

 

②国産のシードルでは「ふじ」や「紅玉」など、糖度の高い生食用品種のりんごがよく使われます。
外国のものと比べて繊細ですっきりとしていて、果実の甘味があるものが多いのが特徴です。

③シードルの味には甘口、中辛口、辛口があります。

④甘口はフルーティで酸味の少ないスパークリングワインのような味です。

⑤りんごから造ったお酒なので甘口が多いイメージですが、辛口シードルには苦みとキレがあることから、ビールのような感覚で飲まれています。

⑥発酵時間が短いほどアルコール度数は低く甘口となり、長いほどアルコール度数が高く辛口になります。

おいしい飲み方

シードルの飲み方

シードルは、ワイングラスやシャンパングラスを使って飲むのが一般的です。国によって多少違いがあります。
フランスでは陶器やマグカップで楽しみ、ドイツではベンベルや切子などの伝統的な器で、イギリスやアメリカではビアグラスでビールのようにゴクゴク飲むようです。
スパークリングワイン同様10度以下に冷やして飲むのがベストです。

どんな食べ物と合う? 

ガレット

シードルの本場ブルターニュ地方では、そば粉を使った郷土料理「ガレット」と一緒に楽しみます。
最近では、国産シードルとガレットが楽しめるお店も人気のようです。

ガレットと国産シードルの専門店フルール ド サザラン

シードルの味によっても合わせ方はさまざまです。
辛口は食材の味を引き立てるため魚料理やチキン、ガレットなど比較的淡泊なもの。
甘口はお肉料理、デザートやチーズなど濃厚なものと合わせます。

ギフトにも最適

シードルはアルコール度数が低く飲みやすいためため、お料理はもちろんお菓子にもよく合います。
パーティードリンクにも最適で、人が集まったときにスパークリングワイン感覚で飲むこともできます。

お酒があまり強くない方や女性でも美味しく飲め、さまざまなシーンで楽しめることができるシードルは記念日のお祝いや内祝、手土産にプチギフトとさまざまなギフトにおすすめしたいお酒です。

Giftryおすすめの国産シードル

上州沼田シードル醸造

 Giftryでは、数ある国産シードルの中でも、りんごとシードルの製法にとくにこだわっている「上州沼田シードル醸造 」の逸品「Fukiware Cidrerie ぐんま名月シードル」を扱っております。

 

「Fukiware Cidrerie」は神田のシードルバーEclipse firstのマスターである藤井達郎氏が立ち上げたシードルブランドです。世界のシードル産地を旅した経験と故郷である群馬県沼田への想いを胸に設立しました。

■幻の黄色いりんごを使用

ぐんま名月

りんごは栽培者が少なく、その希少さゆえに「幻の黄色いリンゴ」と呼ばれる群馬人気の銘柄「ぐんま名月」を使用。糖度が高く、酸味が少ない人気の品種です。
蜜がたっぷりで、完熟したものを切ると実いっぱいに蜜が広がっています。

■群馬のチャンピオン農家との絆

松井農園

タッグを組むのは沼田市の「松井農園」。
2018年に青森で開催されたりんご王者決定戦で、青森県外初の優勝者となりました。群馬県内のりんご品評会では7年連続金賞を受賞しており、2019年には「ふじ」「ぐんま名月」両部門で史上初の最高賞W受賞を果たしています。
名実ともに群馬県を代表するりんご農家です。

りんごといえば青森県や長野県の印象が強いですが、群馬県も日本有数のりんご名産地。とくに沼田は標高が高く、日照時間が長く、昼夜の気温差が大きいため、りんごの栽培にぴったりな気候です。
熟成期間が長いため、青森や長野のりんごと比べると、コクのある味わいとなっております。

■圧搾は手間と時間をかけて

りんごの圧搾

りんごの搾汁は手間のかかる油圧プレスでじっくりとおこないます。あえて時間のかかる方法をとるのはリンゴの果皮や繊維などに由来する澱(おり)から少しでも多くのうま味を抽出しようという考え方によるものです。
発酵も澱とともに行うことで、りんご本来のうま味が取り込めます。

■1本1本心を込めて

シードルの瓶詰め


瓶詰め後は、瓶をさかさまにして瓶口に澱を集めるルミアージュ、栓を抜き瓶口にたまった澱を内圧により飛ばすアラボレ(デゴルジュマン)を一本一本手作業で行います。

最高のりんごを最高の形でお届けしたいという藤井氏の信念がこもった逸品をぜひご堪能ください。

【fukiwarecidereと逸品会おつまみのマリアージュ】

fukiwarecidereにも甘口と辛口それぞれのシードルがあります。
それぞれのシードルに合うおつまみを当サイトを運営する台東区柳橋逸品会の高級おつまみシリーズから紹介します!


ぐんま名月の甘味を存分に引き出した甘口シードル。
酸味は少なく、パイナップルや若いマンゴーを思わせるようなトロピカルな味でそれでいてすっきりとした後味です。
アルコール度数は6度。

マリアージュ:甘口シードルはスイーツやチーズと食べたいところ。
こだわりの国産シードルには、同じく和洋折衷の「チョコットアーモンドおかき」と「チーズおかき」はいかがでしょう!?

チョコおかきチーズおかき

少しビターなチョコとアーモンド&カシューナッツのコンビネーションが上品な「チョコットアーモンド」と3種類のチーズをブレンドしたこだわりの「チーズおかき」がぐんま名月の上品な甘味を引き立てます。


ぐんま名月のフレッシュで甘みのある香りがありながら 味わいは対照的に辛口。すっと口の中を抜けていくドライかつ優しい 口当たりでずっと飲んでいられる飲みやすさです。
アルコール度数は8度。

 マリアージュ:食材を引き立てる辛口のおつまみは素材の味を活かしたものをということで「野菜果物チップス」はいかがでしょう。

目には目を、りんごにはりんごということでりんごチップスと、食べているうちにねばねばしてくるオクラチップス!

りんごチップスオクラチップス

減圧フライで素材の味と彩りを残しました。
素材そのものの味を引き出しあう自然派マリアージュです!

Giftryでは上記紹介した以外にもギフト用のfukiwarecidereシードルやおつまみグラスとのセット商品などをご用意しております。
↓この機会にぜひご覧になってみてください。↓